物件情報を地図から検査

不動産売却ガイド

無料査定

株式会社ウッドホームについて。

ご相談

不動産購入、売却に関してよくある質問

ウッドホームのスタッフ

ウッドホームのスタッフブログ。不動産の情報など。

売りたいSelling Guide

売却にかかる税金と諸費用について

譲渡所得

土地や住まいを売却して出た利益は「譲渡所得」と呼ばれ、所得税と住民税がかかります。譲渡所得は売却価格から、その土地や家を購入したときの費用(代金や購入時にかかった諸費用)と売却時の諸費用(計測費用や仲介手数料など)を引いたものです。

売却して利益が出なければ所得税・住民税とものかかりません。逆に、利益が出た(売却により儲かった)場合だとその土地や家の所有期間などに応じて税金が課税されます。

自宅など居住用財産であれば3,000万円までの特別控除があります。

印紙税

買主と売買契約を結ぶ際には、契約書に貼る印紙税が必要になります。これは売買代金に応じて、印紙の金額も変わります。

  • 500万円以上 1,000万円以下の取引は10,000円の印紙税
  • 1,000万円以上 5,000万円以下の取引は15,000円の印紙税*
  • 5,000万円以上 1億円以下の取引は45,000円の印紙税*

*特例措置により不動産売買契約書については1,000万円を超えるもので平成25年3月31日までに作成されるものは軽減されています。

国税庁ホームページ ⇒ http://www.nta.go.jp/taxanswer/inshi/7108.htm

仲介手数料

売買が成立したら仲介会社に仲介手数料を支払います。 よく、不動産を売ったり買ったりした時に支払う手数料は、3%プラス6万円といわれています。この6万円って何?と思われる方も多いと思いますのでご説明いたします。

まず、仲介手数料の正規計算式は下記のようになります。

国土交通省告示第1552項・宅地建物取引業法第46条第1項より
200万円以下の部分 5%
200万を超え400万円以下の部分 4%
400万円を超える部分 3%
上記金額を合計した金額が仲介手数料の上限
たとえば 、不動産の売買金額が2,000万円だとします。
200万円以下の部分 200万円×5%=10万円
200万を超え400万円以下の部分 200万円×4%=8万円
400万円を超える部分 1,600万円×3%=48万円
合計 66万円

以上が正規計算式です。

これを簡易計算式(契約金額が400万円以上の場合)で計算します。

売買金額×0.003+6万円=仲介手数料(税別)

上記金額を当てはめてみると…

2,000万×3%+6万=66万(税別)

という計算になります。このように正規で計算するより簡易計算のほうが早いので3%プラス6万円と言われているのです。これに消費税を足した金額がお支払いただく仲介手数料になります。

不動産用語 ⇒ http://www.re-words.net/description/0000001136.html

その他

購入時のローンの残債がある場合を完済するための繰上返済手数料や抵当権がある場合抵当権を抹消するための登記費用等がかかります。

お役立ちリンク集